過払金・・・

私は普段、家にいるとき、車に乗っているときなどは

ラジオをよく来ているのですが、弁護士法人のCMが良く

流れていてます。

 

過払い金を取り返せるという内容のものです。

ですので「過払い金返還」については関心がありました。

 

私のローン暮らしも長いので、もしかして過払い請求が

可能かもしれない。

 

自分でも色々と検索して驚いたのが、借金をしている人が、

弁護士に話し合いに行くと、その日のうちに、借金返金の

義務がなくなり、その後、払いすぎた金利が戻ってくる

のだそうです。

 

このサイトが分かりやすかったです。

借金相談・時効・返済方法・返せない場合・内緒・なんでもQ&A

 

 

なぜそのような事になったかと言えば、

ローンの利息に関連するふたつの法律があったからだと言います。

 

グレーゾーン利息とかグレーゾーン金利って言い回しだけ

知っていたのですが、このグレーゾーンはふたつの法律

の狭間の20%と29%の間の利率の事だという事です。

 

要するに過払い金が返金される理由は、

ローンの利息を金融法人が取り過ぎていたからです。

 

数年前に「20%が正解」という事が法律で決まったため、

29%程度の利息を取っていた金融企業は、取りすぎたお金を

償還する義務が生じたという事でした。

 

9%も高い利率を取っていたのだから

返還されて当然ですよね。

 

借金をを返済するのはいつも大変なので、

借金が返せなくなった場合やもしも自己破産を

したら、どうなるのかなと考えるときはありますね。

 

弁護士に払う費用がいくらとか、色々、

わからない事もありますしね。

 

私以外にも、借金で苦しんでいる人は

たくさんいるんだろうな・・

 

でも、これは相談に行くべきですよね!

 

ひろしです・・・

今日から日記代わりのブログを始めたいと思う。

 

私はお金に余裕がないどころか、結構な額の借金があります。

そのため、趣味にお金がかけられません。

でも、車が好きなので、車だけは手放せません。

 

そこでお金のかからない趣味をいくつも持つようにしています。

その中の一つが「読書」です。

 

読書をすると言っても、本を購入するわけではありません。

また本屋さんで立ち読みをするわけでもありません。

 

本屋さんで立ち読みをすると、新刊を読むことはできますが、

お店の人に嫌がられますし、そこまでして新しい本を読みたい

とも思わないからです。

 

 

私が読書をする場所は「図書館」です。

みなさんは図書館を利用しているでしょうか。

 

私もお金に困っていなかった時代は、普通に本屋さんで

本を購入して通勤時などに読んでいました。

 

しかし図書館を利用し始めて、これは利用をしなければ

損だなと思うようになりました。

 

実際に何かのレポートで、図書館を日常的に利用している人

の幸福度は利用していない人よりもかなり高いという

結果もあるんだそうです。

 

図書館には古い本しかないという固定観念がある人が多いと思います。

しかし図書館には、毎日新しい新聞が届きます。

また最新刊の雑誌も毎週届きます。

 

つまり図書館にいれば、新刊の本こそ読めませんが、

新聞も雑誌も最新のものを読めるということになります。

 

新聞を家に取っている人は、ほとんどの人が一誌だと思います。

しかし私は毎日のように5誌程度の新聞をチェックしています。

雑誌もたくさんのジャンルを読むようになり、かなり博学になったと思います。

 

もちろん新刊以外の本は無限とも言えるほど揃っていますので、

ネタ切れになることはあり得ません。

 

本の他にも落語のCDなども聴くことができるので、かなり広いジャンルの楽し

みを味わうことができます。

 

図書館があることで、私は貧乏でも知的な生活を送れていると自負しています。

 

みなさんにも是非、おすすめします。